目的&目標はそれぞれでいいのだ!

共有

今年に入り、毎月新しい生徒さんをお迎えしてます。みなさん、体験された日に「通います!」とご入会されます。気功の良さを体験で感じていただけて、指導する私としてはありがたき幸せです。

「こんなに自分自身に丁寧に意識を向けたことはなかったです。」

「緩めるって難しいですね。もっと自然に緩められるようになりたいです。」

「自分の体を大事に思える時間でした。」

と、感想を伝えてくれます。体験で気功の基本を感じとってくれてほんとに嬉しいです~。そして、

「色んなことに影響されて揺れない自分になりたいです。」

「家でも緩められるようになりたいです!」

「イライラを手放せるようになりたいです。」

「不調なときに自分をケアできるようになりたいです。」

と、それぞれの目的、目標を話してくれます。そう!それでいいのですよ!!気功は同じ功法(気功の練習の型)をずーっと繰り返し行います。なので始めてまもない生徒さんもずっと通ってる生徒さんも一緒にやります。それぞれの生徒さんによって目指すところや改善したいところは違っても、それを同じ功法のなかで深めて行くのが気功です。

まーるスタート当初やコロナで生徒さんが激減した時、色んな人から「レベル分けして、それぞれの生徒さんの競争心を刺激して達成感を味わえるようにした方がやる気が出て通うんじゃない?」とアドバイスされました。

なるほどー、と、一瞬思ったのですが、すぐに、めちゃくちゃ違和感を感じ、いや、まーるの調えるセルフケアは、そーゆんじゃ、ない!と思い直しました。

もちろん、レベルアップを目標に練習したりたくさんレッスンに通う習い事もありますし、生徒さんのモチベーションに繋がるのは間違いないと思います。

でも、まーるの気功は、他の人と比べて上手くなりたい!とかレベルアップのために頑張る!とか、そーゆー事ではなくて、自分がなりたい自分でいるために、とことん!ケアし続けて、調え続けて、その結果心地よく過ごせるようになれるセルフケアの方法なんですー!

今は、セルフケアの大切を感じくれる生徒さんが少しずつ増えていて、まーるの気功の理念を崩さなくて良かったな~と思ってます。

気功のレベルアップは自分で自分をケアして大事に生活できるようになること。だからこそ、目的&目標はそれぞれでいいのだー!

そして、私は一人一人の生徒さんが心地よく生活できるように、心を込めて丁寧にレッスンしたいと思ってます。

その他のブログ投稿もご覧ください!

ブログ

子供の気功

昨日は小学4年生の男の子と6年生の女の子、そして2人のママに親子気功教室を行いました。 教室前は子供

読んでみる»