上手に落ち込もう!

共有

どんなに穏やかに心地よく生活したいと願っても「ガビーン!」「ショック・・・。」「イラっ!!」っていう事、ありますよね。

自分とは考え方や価値観が違う人達だらけの中で生きているのだから、人から自分にとって嫌だなと思うようなことを言われたりされたりして、イライラしたり、落ち込んだりすることはどうしたって避けられないと思います。

もしくは、自分でやっちまった時も落ち込みますよね。うっかりミスや勘違いなどでやらかした時、めっちゃ落ち込みます。

人からの言動でも、自分がやってまった時でも、「ガーン!」っていう時は落ち込みます。っていうか、落ち込んでOKです。いや、むしろ、落ち込みましょう!(笑)

その時、「上手に」落ち込むことが肝心なんです!うんまく落ち込むと、気持ちの回復も早くて心の傷も浅く済むんですよ!実は落ち込み方にはコツがあるんです!(笑)

ショックな事があって、「ガーン!」ってなって、落ち込む。そしたらそのショックな出来事に対して、とことん落ち込んで下さい。で、その続きが大事なんです!落ち込んだ続きで自分を責めない!ってことですね!

例えば、うっかりミスで誰かに迷惑をかけてしまったら、そのうっかりミスを悔やんだり、がっかりしたり、そして迷惑をかけた相手に対して、悪いことしたなーと、申し訳ない気持ちでいっぱいになったり。。。こんな風に起こった事実に対し落ち込むのはOK!

だけどその後、こんなことをしてしまった「自分はダメだな。」「自分はバカだな。」って、自分責めをするのはおすすめできません。もし、落ち込んだ時に無意識に自分責めモードに入ってたら、お願いです。このブログを思い出して、自分責めを手放して戻って来て下さい!

自分を責めるって、自分で自分の心を傷つけてるのと同じなので。

人からの言動で落ち込んだりイライラした時も、百歩譲って相手を責めるのは仕方ないかなーと思います。その事実が新鮮なうちは!でも、やはり、ずーーーっと責め続けるのはおすすめできないですねー。更に、相手を責めるんじゃなくて、そんなことをされる「自分がいけないんだ。」とか「自分に非があったからだ。」と、自分責めモードに入るのは、良い事一つもないので止めた方がいいです!

ショックなことがあって落ち込んだ時こそ、自分を責めたり、相手を責め続けたりすると、前回のブログで書いた不毛の(笑)なぜなぜ分析を始めて負の連鎖に陥って、挙句に傷ついた自分の傷を自分で深くすることになります。

もう、ショックなことその事実だけで自分は十分傷ついたのだから、それ以上傷つけたり傷を深くする必要は全くないんです!

イライラした時も同じですね。イラっとした事、その事実に対して怒るのはOK。だけどそのことに関わってる人がいたら、その人をずーっと責めたり、怒っちゃった自分を責めたりすると、イライラが長引きます。

「責める」って相手であっても、自分であっても、本当に何にも良い事ないんです。前回のブログ同様、責める気力体力があるなら、「じゃー、どうする?」に思考を切り替えた方がお得な事盛りだくさんです!!

もちろん、ショックな気持ちが新鮮な時はそんなことできないので、その起こったことに対して気が済むまで落ち込みましょう!で、その後で責めモードに入ったら「じゃーどうする?」に切り替えた方が気持ちが楽になって傷もだんだん治る方向にいきますよ。

落ち込みからなかなか脱出できない時って、自分責めもしくは相手責めモードにハマってませんか?

どうやったら落ち込み沼から抜け出せるか?イライラを手放せるか?実践編でやってみたい!という方は、気功スタジオまーるへどうぞ!(笑)

最近、ブログの最後がいつも宣伝になっちゃってますが(笑)、いや、でも、本当に普段からちゃんとセルフケア(自分で自分の心と体をケアする、慈しむ、大事にする)をやっていると、イライラや落ち込みを早めに手放せるんです。まーるの生徒さんの感想で一番多いのは良く眠れるようになった!ですが、次に多いのが「イライラしなくなった。」「落ち込んでも引きずらなくなった。」なんです。

興味がある方、ぜひ、体験レッスンにどーぞ♪

その他のブログ投稿もご覧ください!

ブログ

恵みだらけ♪

今朝は久しぶりに晴れて木漏れ日が眩すぃ~♪ 恵みの雨のあとは、太陽の恵み! 自然は恵みだらけ~! 大

読んでみる»